Webサイト運営のセキュリティの重要性

Webサイトを運営する際は、アクセス数を増やしたりビジネスの宣伝以外にもやるべきことがあります。Web上のサーバーは常にサイバー攻撃の脅威に晒されていて、管理者はウィルスや不正アクセスなどからサイトを守ることが求められます。

ECサイトでは顧客の個人情報がWeb上のサーバーに保管されるので、不正アクセスによって流出する危険性があります。役所や有名企業のホームページであれば、ページファイルが削除されるなどの被害が過去に発生しています。セキュリティホールを悪用してサーバーを乗っ取り、スパムメールやウィルスを拡散させる踏み台に使用されるケースも珍しくありません。サイバー攻撃の被害を受けると、個人情報流出や企業イメージに悪影響が及ぶケースがあります。個人情報の流出や犯罪に使用された結果、莫大な金額の損害が発生した例がたくさんあります。

インターネットの世界には国境が存在せず、サイバー犯罪の被害を受けると海外のサーバーを攻撃したりウィルスを送信して損害を生じさせてしまいます。自社のサーバが悪用されて海外の企業などに損害を生じさせた場合、世界中から莫大な金額の損害賠償が請求される恐れがあります。サイバー攻撃を受けると自社サイトのみならず他サイトや個人にも被害が拡大する恐れがあるので、セキュリティ対策を怠るべきではありません。

一般的にWebサーバーやページファイルはアクセス権が設定されていて、部外者が勝手に操作をしたりデータを書き替えることができないようになっています。ただし設定ミスやプログラムのコーディングミスなどのセキュリティホールがあると、アクセス権が無効になってしまう恐れがあります。セキュリティホールを放置すると、本来であればアクセスが許可されていない外部の人間がサーバーのOSを不正に操作をされる危険性があります。

Webページは定期的にコンテンツや機能の更新を実施する必要があるので、サイト作成時にきちんとチェックをしていたとしても更新時にセキュリティホールが作られてしまうケースが少なくありません。HTMLやCSSの仕様が変更されてタグやコードを書き換える際も、知識不足で誤った使用方法をすることでサイバー攻撃の被害を受ける恐れがあります。

Webサイトをセキュリティ上の脅威から守るためには、ファイルの設定方法やHTML・CSSのコードを正しく理解しておくことが必須です。最新の犯罪の手口を把握して、問題点があればすぐに脆弱性を改善することも大切です。

人気記事一覧