Webサイト運営の仕事内容と年収などについて

パソコンの画面にあるクロームのアイコンとカーソル

サイト運営の仕事には、Webサイトの企画やサイトにアップするページファイル・データやプログラム・コンテンツ作成などが含まれます。これらに加えて、アクセス数を増やすためにサイトを分析したりページやコンテンツ内容の改善を行い続けることも重要であり、サイト運営者の大切な仕事です。サイト運営者の仕事内容は、Webサイトの種類やコンテンツ内容によって大きな違いがあります。

企業や団体のWebサイトでは、会社の商品やサービスの広告・宣伝や活動内容を多くの人に伝える目的でホームページが設置されます。このような場合はサイト運営の仕事内容は、Webページのアクセス分析・サイト改善・コンテンツの更新などが中心です。情報を伝えるためのサイト運営者の平均年収ですが、民間企業が調査したデータによると約450万円です。

ECサイトでは会社の宣伝だけでなく、ホームページを利用して商品やサービスの販売も行います。ECサイトなどのように店舗の役割をするWebページのサイト運営の仕事内容は単に情報を伝えるだけでなく、商品の在庫管理や注文を受けて代金を受け取ったり発送をする仕事も含まれます。ECサイトのサイト運営では企業に雇用されずに自営業の人も多く、平均年収は約440万円です。多額の利益を上げているECサイト運営であれば、年収が1000万円を超える人もいます。

平均年収の数値だけを見ると他の職種よりも年収が低いように見えますが、仕事内容と収入の幅が広いという特徴があります。大企業の管理職に昇進したりコンテンツの企画やアクセス分析・SEO対策などの高度な技術を身につけることで、年収1200万円を超える人もいます。逆にサイドビジネスでアフィリエイトサイトなどの運営をしている人であれば、年収が100~200万円程度のケースもあります。

Webサイトを運営する仕事は簡単なHTMLページを作成したりコンテンツ記事を書く程度から、アクセス分析を行ったSEO対策のためにサイトの改善をするといった高度な内容までさまざまです。最初は簡単な仕事からスタートするので、年収は高くありません。プログラミングを習得したりアクセス分析やSEOの技術を身につけるなどしてキャリアアップをすれば、高収入を得ることができます。本人の努力次第で同年代の平均年収を大幅に上回る収入を得ることができるので、サイト運営はコンピュータに興味があって向上心が強い方におすすめです。

人気記事一覧