お知らせ
パソコンの前に考えている女性

日本国内でインターネットが知られるようになったのは1990年代で、現在に至るまで数多くのWebサイトが開設されてきました。初期の頃は公的機関や大学・研究所がWebサイトを開設するケースが多かったのですが、短期間で民間企業や個人が運営するサイトが爆発的に増加しました。

WebサイトはWebページやホームページと呼ばれる場合もあり、場所(IPアドレス)が割り振られています。IPアドレスは番号なので、人が見ても判別をすることができません。そのためインターネット上でサーバーの場所を特定する目的で、英数字などから成るドメイン名が使用されます。Webサイト(ホームページ)は、サーバー上に置かれたページファイルや、動画・画像・プログラムデータなどから成ります。専用のソフト(Webブラウザ)があれば、世界中のサーバーに置かれたデータを閲覧することができます。

Webサイトを制作する場合には、目的に応じてページファイルやプログラムデータを作成する必要があります。Webサイトを維持するために、データを保存するためのサーバーと英数字から成るアドレスに使用するドメインの登録・更新手続きや費用の支払いが必要です。サイト運営者は、ドメイン名・サーバーの更新手続きや、コンテンツの制作・更新をおこなう作業が求められます。ホームページはアクセス数を増やす必要があり、Googleなどの検索エンジンで上位に表示されるため対策を施すこともサイト運営の仕事に含まれます。

ホームページを作成してサーバー上にアップしておけば、ユーザーが自由に閲覧ができる状態になります。ただしWebサイトを適切に運営するためには維持費用を負担するだけでは不十分で、制作後もサイトの管理を続ける必要があります。サイト管理には適切なタイミングでコンテンツを更新したり、セキュリティ上の脅威から守ることなどが含まれます。HTMLやCSSの仕様が変更された場合には、新たな規格に適応させるために書き換えをすることが求められます。

従来は、ホームページを設置・使用する立場の人がサイトの運営や管理作業をおこなうケースがほとんどでした。最近はWebサイトの運営や管理作業を、専門の会社に委託するケースも増えています。いずれの場合でも、Webサイトは設置した後も適切な運営・管理作業を続けることが求められることを覚えておきましょう。

記事一覧

現代は、国家や企業か管理する機密情報や個人情報を盗むなどの目的でサイバー攻撃が仕掛けられるケースが増...

Webサイトを運営する際は、アクセス数を増やしたりビジネスの宣伝以外にもやるべきことがあります。We...

ページファイルを作成してWebサーバーにアップロードすれば、誰でも自由にホームページにアクセスして閲...

パソコンやスマホでブラウザを起動してアクセスするだけで、簡単にWebサイトを開いて閲覧ができます。ペ...

サイト運営の仕事には、Webサイトの企画やサイトにアップするページファイル・データやプログラム・コン...

ホームページにアクセスする場合には、ブラウザにURLを入力するか別のページのリンクをクリックする必要...